VDT症候群とは?

VDT症候群の原因と予防改善策

近年になって注目され始めた目の病気の一つがVDT症候群です

 

VDT症候群は「Visual Display Terminal syndrome」の略称で、以下のような症状が引き起こされます

  • 目が疲れる
  • 目が痛む
  • 目が充血する
  • 目が乾く
  • 視力が低下する
  • 全身がだるくなる
  • 吐き気を催す
  • 背中の痛み
  • 手足の痺れ
  • 寝付きが悪くなる

目だけではなく身体全体に不快な症状が引き起こされることもあり、イライラしたり気分が落ち込んだりと精神的な症状を訴える患者さんも少なくありません
VDT症候群はパソコンやスマホなど、電子機器の画面を長時間に渡って見ながら作業を続けるのが直接的な原因です

 

 

ディスプレイやキーボードで構成されている機器を使用した作業のことをVDTと呼び、その影響で目や身体に異常が生じやすいことでVDT症候群と名付けられました

  • 作業をする際に照明が画面に映り込んで明るさの調整を行うと目に負荷が加わって疲れる
  • 必要のない過剰な光源は知らず知らずのうちに目へと負担が加わる
  • パソコンやスマホを使う時の姿勢が悪いと肩こりや頭痛を起こす

現代社会においてパソコンやスマホを使わない生活は難しいものの、上記のように気付かないうちに負担が加わっているので注意が必要です

VDT症候群の予防で必要なこと

目を酷使しすぎていると、VDT症候群だけではなくドライアイや眼精疲労など様々な病気の引き金となります
私たちが考えている以上に目はデリケートな存在なので、VDT症候群を予防するために必要なことを以下では幾つか挙げてみました

  • デスクワーク作業を行う時は1時間に5分間〜10分間程度の休憩を取って目を休める
  • 既に目の疲れや充血が引き起こされている時は十分に睡眠をとって緊張を解す
  • 椅子の高さや座る位置、ディスプレイの配置など正しい姿勢で事務業務を行う
  • 心地良いと感じる40℃の蒸しタオルを作って目の上に押し当てる
  • 度の合ったメガネやコンタクトレンズを装着する
  • ブルーライトから目を保護する専用のメガネを装着する
  • ほうれん草やブロッコリーに含まれる高い抗酸化作用を持つルテインの摂取を毎日の食生活で心掛ける

あくまでも日常生活での予防なので治療効果は得られません

 

 

しかし、目への負担を和らげるように努力していれば、目が疲れたり痛んだりするVDT症候群の症状を緩和できます
セルフケアで症状の改善を図れない方は、早目に眼科を受診して専門医に今の症状を伝えて正しい対策を伺ってみてください