スマホが子供の視力だけでなく学力低下も引き起こす?

 

『スマホを長時間使用すると学力が低下する』
と聞いた事がある親御さんも多いと思いますが、私は初めて聞いた時、今までもゲームとか漫画とかあったんだしスマホが特別に悪さをしているわけじゃないと思っていました

 

 

でも、スマホによる子供への影響はゲームや漫画とは少し違うと言う事が分かったんです
違いはスマホが与える眼や脳への影響が視力低下、手中力低下などを引き起こす可能性が高いからです

 

 

特にスマホ老眼などの眼の疾患は老化によるものではないので小さなお子さんにも起きる可能性があります
スマホ老眼は眼の水晶体と共にピントを調節する毛様体筋の疲れによって起きる眼の不調(かすみ、にじみ、視力低下、頭痛など)

 

 

また、スマホにはブルーライトと呼ばれる強い光(人間が見る事が出来る光で最も強い)が脳に刺激を与えて睡眠不足を引き起こす事も分かっており、日中の集中力が低下する可能性もあります

 

 

大人であればスマホの使用を自制する事が出来ますが、子供はそこまで自制する事が出来ません
スマホを買い与え、使用頻度や仕様の仕方を管理するのは親御さんの責任
買い与えた場合もルール(一日の使用時間や時間帯を制限するなど)を決めてお子さんの目を守ってあげる必要がありますね


スマホが子供の学力低下を引き起こす2つの原因

スマホが子供の学力を低下させる要因は大きく2つあります

スマホ老眼による視力低下

スマホ老眼とは目のピント調節機能を持つ毛様体筋の疲労が溜まり、老眼に似た症状が一時的に起きる症状です
本来の老眼は水晶体の老化によってピントが調節しずらくなり、近くの物が見えにくくなるので、スマホ老眼は老化現象ではなく、子供から若い大人まで掛る可能性がある病気です
症状はかすみ目、視力の一時的な低下、頭痛、肩こりなどですが、一時的な視力低下だと分かっていないとコンタクトレンズや眼鏡をかけてしまって余計に目に負担になり本来の視力が低下する可能性もあります

 

視力低下や頭痛などの症状が起きると例えば黒板の字が見えにくくなってしまったり、眼の疲労感から勉強へのモチベーションが下がる場合があります
つまり、やる気の低下から学力の低下につながる恐れがあると言うわけです

睡眠不足による日中の集中力低下

あるデータによると長時間(1日4時間以上)のスマホ使用(ネット、ゲーム、検索など)をしてる中学生とそうでない中学生メールやネットを活用していない中学生に比ると長時間スマホを利用する中学生は午前0時以降に睡眠する人が半分程度になっているそうです
(文部科学省による調査報告 2014年11月23,000人を対象に調査)

 

つまり、寝る直前までずっとスマホを触っていると睡眠不足になる可能性が高いと言うわけです
その原因はブルーライト
ブルーライトの光は水晶体や角膜を通り越して網膜まで達する光です
日中に浴びる事が多い(青空にもブルーライトは含まれる為)ブルーライトを夜に浴びてしまうと脳が日中だと勘違いしてしまってメラトニンと呼ばれる睡眠ホルモンの分泌が
抑えられ睡眠障害が起きてしまいます

 

睡眠不足が続くと当然日中の居眠りなどが多くなってしまい、学力低下を引き起こす可能性が高くなります
また、寝ている間に多く分泌される成長ホルモンの分泌が妨げられるのも心配なところです

 

TVゲームが学力低下を引き起こすと言われた時代もありましたが、TVゲームの使用はある程度抑え易い物でした
TVゲームなどと比べるとスマホは目との距離が近く、布団に入りながら寝る直前まで見る事が出来る為、よりブルーライトなどの影響を受けやすくなります

 

スマホの眼精疲労や脳への影響をしっかり理解して親御さんがルールを作ってあげてくださいね^^