緑内障の原因と改善予防の為に効果的な習慣とは?

 

日本人の失明の原因の中で最も多いとされているのが緑内障による失明です
緑内障とは何らかの原因によって視神経が眼圧に押しつぶされて壊れてしまう症状を言います

 

 

私たちが物を見る時、目に入る光を網膜でとらえて視神経を通じて脳に伝えて映像として認識しています
緑内障とは視神経が壊れてしまう目の病気で、一度壊れた視神経は現在の医療では元に戻す事が出来ませんので失明に至ります

 

 

緑内障の症状は目の痛み、頭痛、吐き気などもありますが、最も多い自覚症状は視野が欠ける視野欠損です
緑内障が怖いのは自覚症状があまりない事にあり、初期段階では見つける事が難しいとされています
定期的に検診を受ける事が緑内障を初期で見つける為には必要な事になってきます

緑内障の治療方法

緑内障の主な治療方法

・薬物療法
 点眼薬などで房水の流れを良くする
・レーザー治療
 緑内障の種類で異なるが、房水の流れを良くする為に使用する
・手術
 強膜を直接切除したり、繊維柱帯を切開する事で房水の排水を促進する

の3つです

 

 

初期、中期段階で見つける事が出来れば上記の様な治療方法で治る可能性が高くなります
定期的に眼科検診を受ける事や症状を遅らせる為、予防する為の習慣が大切になってきます

 

 

また、『自分は関係ないかな』と思われている方が多いのも緑内障患者に共通する意識です
緑内障は40代以上の日本人の20人に1人がかかっていると言われるほど、身近な病気なんです

 

 

病院などの医療機関レベルで出来る事は当然大事ですが、個人の生活習慣レベルでも緑内障を予防改善する事が出来ますので、目の健康を本気で考える方は普段の生活習慣を改善していきましょう

緑内障の予防、改善に必要な事とは?

何度も言いますが、まず緑内障を治すためには病院での治療が必要になります
そして、定期的な検診を受ける事によって症状が進むまでに治療を行う事が大前提ですが、普段の食事や生活習慣によって緑内障だけでなく目の病気を抑える事も大切です

 

 

緑内障の原因は完全には解明されていませんが、効果的な予防策としては3つ挙げられます

高い抗酸化力を持つ栄養素

緑内障の原因は眼圧が高くなり、視神経を圧迫する事ですが、他にも視神経が酸化ストレスにより老化する事も挙げられます
その為、アントシアニン、ルテイン、アスタキサンチンなど抗酸化力が強い栄養素を普段から摂取すると効果的
これらのファイトケミカルは緑内障以外にスマホ老眼、老眼、白内障の予防にも効果的です
最近のアイケアサプリにはこういったエイジングケア成分が多く含まれていますので、サプリメントからの摂取が継続しやすいでしょう

血行を良くする

緑内障の症状を悪化させる原因の一つに血液のが流れが悪い事があります
目の周辺の血行を促す事で目の健康を保つ為に必要な栄養素がしっかりと行き渡り、緑内障だけでなく目の病気全般の予防につながります
ホットタオルやホットパックなどで目を温めてあげる習慣を作る事がお勧めで、特にデスクワークなどで眼精疲労が溜まりやすい方は注意しましょう

その他リスクを高める習慣を辞める

緑内障の原因はまだ分かっていない部分がありますが、喫煙や高血圧もリスクを高める事が分かっています
塩分の摂り過ぎによる血圧の上昇や喫煙習慣は目以外の生活習慣病などの原因にもなります

 

禁煙などは自分の努力では難しいと言う方もいると思いますが、その他の習慣はどれも難しい物ではありません
本気で目の健康を考えるのであればすぐにでも実践しましょう

 

 

また、眼圧を上昇させる様な習慣に気を付ける事も大事です
イライラや興奮する、薄暗い場所での長時間の作業、大量の水(1?以上)を一気に飲む、うつむいた状態での長時間作業は眼圧を上げる可能性がありますので注意してくださいね