スマホ老眼をアプリで改善できる?

 

近年になって流行っているスマホ老眼をアプリで予防したり改善したりすることはできます
ブルーライトカットメガネやパソコンメガネの使用だけではなく、iPhoneやAndroidのアプリを活用するのも選択肢の一つです
以下では老眼に効果的なアプリを幾つかご紹介しているので一度ダウンロードして使ってみてください

EyeMaster(アイマスター)

EyeMaster(アイマスター)は医学博士によって開発されました
視力を回復させられるのでスマホ老眼で悩む方に適しており、正しい使い方を見ていきましょう

  1. 視標が映ったスマホの画面を目と同じ高さで持つ
  2. 視標が大きければ遠ざけ、小さければ逆に近付ける
  3. 常に同じ大きさで見えるようにして右目と左目を交互に5往復行う
  4. 30秒間の休憩を挟んだ後に同じように往復する

EyeMaster(アイマスター)を使って3ヶ月間に渡って目のトレーニングを行うと次第に効果が出てきます
1日に600ダウンロードを記録したアプリで、時間が余っていて暇な時に試してみてください

老眼鏡アプリ

老眼鏡の役割を果たすアプリは幾つか登場しており、目への負担を減らして老眼を予防できます

  • 明るく大きく:拡大した状態で撮影して文字を快適に読める
  • くっきり拡大:カメラを使ってボタン一つで拡大や縮小ができる
  • でか文字スコープ:起動してから直ぐに虫眼鏡機能を使えるレスポンスの速さが特徴

この3種類のアプリが特に人気で、無理に細かい文字を見ようとすると疲れ目の原因になるのです

 

「目が乾いてドライアイになった」
「頭痛が酷くなった」
「眼精疲労で悩まされるようになった」
という方は目の中の細胞や筋肉が疲れている証拠なので、毎日の生活の中で上手く回復させてあげましょう

アイトレ3D

視力ケア系のアプリケーションをお探しの方にはアイトレ3Dがおすすめです
アイトレ3Dは累計で500万のダウンロードを記録しており、正しい使い方をまとめてみました

  • 平行法や交差法でオリジナルの立体視画像(ステレオグラム)を見て目のピントを合わせる筋力を鍛える
  • オリジナルの動く3D動画を見て目の周りの血行を改善する
  • 目から50cm離れた距離に端末を持ち、簡易な視力検査を行う

 

上記のように視力回復のトレーニングと簡単な視力検査がアイトレ3Dでは可能です

 

 

「涙が止まらなくなった時に使ったら回復しました」
「暇な時間に試せるのが良いと思いました」
といったカスタマーレビューを得ており、スマホ老眼で悩む方は使ってみてください♪