お子さんの目が悪いのはスマホが原因?子供の目を守る方法

 

デジタルネイティブと言う言葉をご存知ですか?
今の子供たちは生まれた時からパソコン、タブレット、スマホなどが身近にある時代で、物心がついた時から多くの電子機器に触れています
つまり、デジタル機器が身の回りにあるのが普通になっている世代が今の子供、デジタルネイティブ世代と言うわけです

 

 

電子機器を使いこなす事は最低限のスキルとして必要な事ではありますが、そのせいでスマホ老眼など、小さいころから近視になってしまったり、目の不調を引き起こしている子供は少なくありません
強度近視になると緑内障や網膜剥離などの病気にリスクが高まり、電子機器との付き合い方は放置するわけにはいきません
時に遺伝性、先天性の疾患が無いのにお子さんが強度近視になっている場合は電子機器などのの問題があります

 

 

また、電子機器から発されるブルーライトなどの光は睡眠の障害になる事も分かっており、睡眠不足から日中の集中力の低下、そして学力の低下などを引き起こす事が分かっています
学力向上の為に電子機器を与えているのに学力が低下する可能性があるという矛盾を引き起こしています

 

 

お子さんの目の健康は親御さんが守る責任があります
上手くスマホなどの電子機器を使わせてあげる事が大事になってきます

 

 

そこで、お子さんの目を守るために効果的な方法をご紹介します^^


お子さんの目をスマホ老眼にさせない為に必要なつの方法

利用時間についてのルールを決める

基本中の基本ですが、スマホを買い与えた時は目に対しての悪影響を出来る範囲で教えて上げ、利用時間についてのルールを決める事が重要です
利用制限をかけるアプリなどもありますので携帯ショップで相談したり、年齢に応じて調節してあげましょう
また、スマホと目との距離は40pほど開ける様に教えてあげましょう
近すぎるとスマホの光の刺激を受けすぎてしまいます

スマホよりもタブレット

スマホをお子さんが欲しがったら、タブレットを提案してあげてみてください
スマホよりも字が大きいだけで目の負担は減らす事が出来ます
小さな字を見る時には目の毛様体筋が酷使され、スマホ老眼の原因になります
お子さんとの連絡手段としてスマホを買い与えるのであればしっかりと利用制限をかけて学習、ゲームなどはタブレットでするだけでも効果はあります

眼鏡のかけすぎに注意

目が悪くて眼鏡をかけるのは日常生活を送る為に必要な事ですが、不要な時は外す習慣をつけさせてあげましょう
近視をそれ以上進ませない為には眼鏡の長時間の使用はいけません

目を守る栄養素を

スマホ老眼だけでなく目の病気の予防には栄養バランスの取れた食事が重要になります
特に抗酸力が強いルテイン、アントシアニン、アスタキサンチンなどはスマホ老眼だけでなく目の病気全般に効果があります
十分に摂取できる食生活を用意できる自身が無い方はサプリメントなどで効率よく摂取する事
電子機器が増えるとともに目の不調を訴える方が多くなり、サプリメントも進化しています
薬の様に副作用があるわけではなく食品としてとらえられますので安心して子供にも与える事が出来ます
スマホ老眼予防、解消に効果的♪なサプリメントの詳細へ

 

 

スマホなどの電子機器が原因の目の不調は治す事が出来ます
子供さんは自分でその事に気づけませんが、親御さんがしっかり対策を取ってあげる事で今のお子さんの視力を取り戻せるかもしれません

 

 

遺伝的な物や先天性のものは外科手術などが必要になってきますが、家庭でできる事は即やってみる事をお勧めします